スポンサーサイト
--/--(--) --:--|スポンサー広告|-|-|edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星林堂研究室のおすすめ本
12/14(Wed) 20:35|未分類comment(0)trackback(0)edit
カントの和訳
(下列)天野貞祐による日本における最初のカント『純粋理性批判』の翻訳
  左から、カント『純粋理性批判』全3巻(岩波文庫、昭和29‐30年)品切れ
       『純粋理性批判』岩波文庫版の復刻(講談社学術文庫全4巻、昭和54年)品切れ

(上列)天野貞祐によるカント解説書4冊
  左から、『カント純粋理性批判』(大思想文庫17、岩波書店、昭和10年)
       『カント純粋理性批判』(岩波書店、昭和10年)
       『「純粋理性批判」について』(前2著の復刻版、講談社学術文庫、昭和55年)
       天野貞祐監修『カント』(山根書店、昭和24年)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。